逆援助交際での最悪体験

逆援助交際をしていると、嬉しくて幸せな事ばかりに見えますが、そこはお金や身体が関係する場所。ちゃんとリスクも用意されているのです。

例えば一番嬉しい事は、なんといっても現れた男性が美形だったときですね。背が高く肩幅もしっかりしたいわゆるイケメン男性が現れた時には、もう天にもあがる気持ちで恋を楽しんじゃいます。

たとえそれが一時でも、その間彼は私の恋人で私の事を求めてきてくれるのです。そんな気持ちだと会話も盛り上がりますし、もちろん会話なんて無くても見つめるだけでドキドキしちゃいます。

でも、そんなイケメン男性ばかりが生きてる訳ではないです。なので、逆援助する男性もイケメンでない男性が居ます。
中には、見た目をそんなに気を使っていないし、対して顔も良い訳ではないのに自身満々な男の子がいます。そんな男性が現れた時には、テンションも下がりまくりです。

さらに嫌なのは、顔や見た目がそんなに不満でなくても「お金がもらえる」と言うのを全面に出した態度で来る男の子です。会っている間、終止お金の話や私の財産の話、酷い人は「いくらくれるの?」など直接的に聞いてくる人もいます。

やっぱりそんな人とはたとえ疑似恋愛でさえ出来るわけありません。楽しい時間等これっぽちもないので、払うお金も当初予定していたものより下げたくなるのが当然の気持ちです。

逆援助とは双方の気持ちの上に成り立ちます。それはお互いのサービスから得られる満足感でしょう?逆援助を考えるなら、自分の行っている事にお金を払ってもらえるだけの価値があるのかどうか、しっかり考えた上で楽しい時間を一緒に過ごしてほしいです。